慰謝料を得るために… | 浮気調査や行方調査については、頼れる探偵事務所にご相談ください
menu

慰謝料を得るために…

説明をしている男性

浮気をした相手に慰謝料を請求する場合、示談で交渉が成立する場合もあります。
相手が罪を認めて、慰謝料払ってくれるということもあり得るのです。ですが、そうは上手くいかないことも多いです。
浮気された側が妥当だと思う金額でも、相手側が「いやいや高すぎる」といって意見が食い違うことがあるのです。
民事訴訟を起こすと意見の食い違いや、お互いの状況などを考慮して、適切な慰謝料を裁判所が判断してくれます。
主にその金額は100万円から300万円に定まるといいます。これに関しては離婚や別居をするか否かによっても違います。
また、婚姻期間がながいことから500万円など多額の慰謝料を請求する場合もあります。

さて、民事訴訟に必要なのが証拠です。
裁判所としてもできるだけ客観的な意見をもとに判断をします。浮気の証拠がない場合は、浮気された側にあまり有利にならないこともあります。
たとえば文章や写真などの資料を作成せず、「浮気された」という口頭のみの説明だと、それがいくら事実であっても客観的な証拠にはなり得ません。
なので浮気調査による調査報告書の作成がかなり役立つのです。
浮気調査がかのうな探偵事務所に依頼すると、浮気の現場の写真やどこで行われたか、どこで目撃したかなど細かいことが記載された資料を作成できます。
また動画を撮影すれば、それがかなり大きな証拠にもなり得ます。このように、訴訟を起こすさいには証拠が明確に提示できるということが最も重要です。
その資料の作成や、証拠集めにかなり尽力してくれるのが探偵事務所です。